イギリスにおける産業革命

会員4,104円 | 非会員4,924円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,466
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    18世紀の後半にイギリスで始まった「産業革命」によって、工業生産の体制が工場制手工業から工場制機械工業に変わった。
    産業革命前の工場制工業の段階においては、労働生産力が未だ低位にあり、商品市場が未だ狭隘な範囲に制限せられていて、自由な労働力の供給が未だ相対的に不足していた。
    しかし、17世紀以後のオランダ・フランスとの植民地争いに勝利して、世界の海上権を握り、広大な海外市場を獲得するとともに、植民地貿易によって莫大な富を蓄積していた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    18世紀の後半にイギリスで始まった「産業革命」によって、工業生産の体制が工場制手工業から工場制機械工業に変わった。
    産業革命前の工場制工業の段階においては、労働生産力が未だ低位にあり、商品市場が未だ狭隘な範囲に制限せられていて、自由な労働力の供給が未だ相対的に不足していた。
    しかし、17世紀以後のオランダ・フランスとの植民地争いに勝利して、世界の海上権を握り、広大な海外市場を獲得するとともに、
    植民地貿易によって莫大な富を蓄積していた。
    また国内でも毛織物工業を中心に初期産業資本が発達し、大量の資本が蓄積されていた。
    この時期、農業革命と第2次囲い込みによって多くの農民が土地を失い、彼らが職を求めて都市に流入して賃金労働者となったことで、豊富な労働力が創出されている。
    さらに、科学や技術が発達し、これを工業技術に応用する条件が整っていた事と、鉄と石炭が豊富で、しかも近い場所で産出した事
    と、清教徒革命以後、国内ではほとんど戦争がなく、市民革命をいち早く経過して産業規制がほとんど無くなっていたことなどで、政治的な条件にも恵まれていた。
    この時期に,イギリスではさまざまなものが発明された。..

    コメント1件

    sawasawa 購入
    参考になりました。
    2007/08/17 10:49 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。