人格形成における遺伝要因と環境的要因

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,007
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格形成において、遺伝要因と環境的要因がそれぞれ発達過程においてどのように作用するかを考察せよ。」
     発達とは、受胎から死亡までの人間の一生における心身の構造・機能の量的増大と質的変化のプロセスであり、人間の発達は遺伝的要因が大きいのか、環境的要因が大きいのか、ということについては古くから論争がある。
     遺伝的要因が大きいとする成熟優位説考えを唱えたアメリカの心理学者ゲゼルは、一卵性双生児を対象に階段登りや積み木による実験を行い、発達には経験よりも成熟(遺伝)が重要であると主張した。一方、イギリスの経験論者ロックは、人間の発達は環境によって決まると考え、人間はタブラ・ラサの状態で生れてくると..

    コメント4件

    0928kouki 購入
    分かり易くまとまっており参考になりました
    2007/03/20 10:59 (9年8ヶ月前)

    akifa0202 購入
    参考になりました
    2007/04/29 23:35 (9年7ヶ月前)

    asym 購入
    参考にさせて貰います
    2007/06/08 16:23 (9年6ヶ月前)

    nichtstun 購入
    参考になりました
    2007/06/17 22:41 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。