韓国の在外同胞政策と在韓外国人政策とアイデンティティ

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数376
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キーワード 韓民族、経済発展、「同化」、表現
    1.韓国の現状と政策…韓国企業の躍進と格差社会1
    「サムスン電子好業績の陰で苦しむ国民」(『朝鮮日報』2010.7.10)、経済発展必要不可欠の論調2
    「やっぱり成長が必要だ」(『東亜日報』2010.8.7)、北朝鮮との関係悪化3
     2010年3月の韓国の哨戒艦沈没事件を大きな契機として北朝鮮との緊張が高まっている。
    ◎韓国政府がおこなっている「在韓外国人」政策と「在外同胞4
    「在外同胞」とは一体誰のことを示すのか。調べている限りでは漠然としている。「在外同胞」には「在外国民」と「外国籍同胞」の二つに分かれると法(注:「在外同胞財団法」「在外同胞の出入国及び法的地位に関する法律(以下、在外同胞法」)の上では区分されている。
    外国人政策の背景5
     「イタリア・韓国における外国人政策に関する調査報告書」(日本外務省領事局外国人課 、2007年11月)
    朝鮮日報2010年7月16日号「韓国人女性がこのようにしんだらどうするか」によれば、2009年に結婚した夫婦30万9759組のうち、約10%に当たる3万3300組が国際結婚であり、農村ではこの割合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。