「民主主義」という考え方に期待できることとは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数261
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    民主主義問題民主人間

    代表キーワード

    民主主義

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「民主主義という考え方に期待できることがあるとすればそれはなにか?」
     民主主義の考え方について、まずは自分の習ったことを復習してから、その考え方に期待できることを述べてみたいと思う。その方が,今の日本に住んでいる自分にとって身近な日本の政治と,民主主義の可能性というものを考えうると思ったからである。
     まず、民主主義のことについてだが、民主主義には二つのモデルが存在するとしたのは井上達夫さんであり、反映的民主主義と批判的民主主義の二つを定義したということを習ったが、そのモデルについて少し吟味して見たいと思う。反映的民主主義をまずはじめに見てみよう。反映的民主主義の理念には、「人民の欲求を実現せよ」とあり、その存在理由には「政治的決定への民意反映度の最大化」とある。このことについてまず考えてみよう。この場合,人民の欲求を最大化することが目的であり,「最大多数の最大幸福」を唱えたJ.S.ミルの考え方に相容れるように思う。しかし、ここで問題となるものの一つには、大多数となる人民の欲求というものが「常に正しい」というものとは限らないということである。マスコミや為政者による扇動活動によって、人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。