いじめ・不登校と子ども理解レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数891
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    いじめ・不登校と子ども理解レポート
    今回、このいじめ・不登校と子ども理解の授業を受けて思ったことに、子どもを理解するに際して、子どもを子どもとしてみるときと、子どもを一人の人間としてみるとき、これら二つの見方のかね合いにおける切りかえの難しさ、というものを感じた。それは、友達同士としてではなく、親と子としてではなく、あくまでも教師と生徒という関係。フリースクールに勤めている人は、教師という肩書きに縛られることなく、教師と生徒という関係性よりも、人間と人間といった関係としてとらえられるだろうが、学校における教師となると、教育委員会や校長との係わり合い、地域の評判、自らの仕事の煩雑さなどもあいまって何かと縛られる機会が多いように思う。それゆえ、教師と生徒が、人間同士として向かい合うという関係性は難しい話ではないだろうか、と感じるのである。こうした教師と生徒という関係性というものの難しさを生じたのは、大河内清輝君の事件のルポを読んだときだ。事件が起きた当初小学生だった私は、この事件の背景やそれにかかわる知識がなく、「いじめられていた子はものすごくつらかったんだろうな。何でいじめたりするのかな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。