『歴史哲学講義』(東洋世界−インド−)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数662
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート歴史哲学インドヘーゲル

    代表キーワード

    歴史

    資料紹介

    外国史特論『歴史哲学講義』ヘーゲル著               
    第一部 東洋世界 
    第二編 インド
    ① インド概観(p229~)
    ●ヘーゲルが語るインドについてのイメージ
    ○古い形態をそのまま現在に残している国、あこがれの国、不思議の国、魔法の世界、空想と感情の国
    ○生活の観念化がおこなわれるが、それは想像力にもとづく概念なき観念化
    →生活を出発点としながらも「一切を空想へとかえてしまう」
    が、「とはいえ、(中略)イメージとしての神が存在する」
    ○女性のたとえ=情緒ゆたか、神経質な美しさ(p230)
    ●インド人の世界観(P231~)
    ○インド人の一般的原理である夢見る精神
    夢のなかの個人=精神が自立して他者と対立することがなく、外的な個物とその一般的な本質とが区別されることがない。
    →インド人は有限物にもなるし、無限で無性的な神にもなる。          
              =一般的な汎神論であり、しかも思考にもとづかない想像力にもとづく汎神論
    ① 感覚的なものを、(中略)そのまま拡大して途方もない怪物をつくりあげ、神の像をおろかしいものにしてしまう。=つまり、精神の自由な力によって美しい形のものへと表現されない。
    精神はそのなか(夢のなか)で自己を喪失し、(中略)有限な事物を主なる神とあがめて、それに従属してしまう(ex、太陽、月、星、ガンジス川、動物、花、などが精神にとっては神)
    ←そのため、有限なものがかえって個としての安定性をうしない、理解する知性のはたらきが消える。
    神の存在は変わりやすい不安定なものとなるため、低次元の形態かつ全く不純な存在になり格が下がる。
    ○まとめ
    事物には、原因と結果の有限なつながりのような理解できる筋道がなく、
    人間には、確固とした自由な自立性や人格や自由が欠けている。(p233)
    ●インドと外の世界とのつながり(p234~)
    ○言語(サンスクリット語とヨーロッパ言語)に見られるように、インドは西洋世界全体の出発点。
    だが、インドを起点に民族が自然発生的に広がっていったことを示すに過ぎない。
    また、その痕跡があったとしてもインド伝来ではなく、むしろインド要素を払拭したもの
    インド的なものの広がりは政治的行動を欠いたもの。→インドは征服されるばかり。
    (政治的行動=征服!?)
    ○あこがれの地
    東洋や近代西洋の大国で、この地の一地域を征服したことのない国はほとんどない。
    (ex、アレクサンダー大王、近代ヨーロッパ人、東インド会社)
    =ヨーロッパ人に服従するというのがアジア諸国ののがれられぬ運命(マラータ地方の征服、1818年)
    地理的区分け(P235~236)
    ②インド人の政治生活とカースト制度(p236~)
    中国との違い
    中国 インド 全ての個人の平等がたてまえとされ、統治権は皇帝という中心に集中して、特殊な個人が自立したり主体的な自由を獲得することがない。
    有機的な共同生活が成立するための特殊化していく自由がなく、区別が自立性をもたない。 専制君主の統一権力をはみ出す、自立した部分が形成されている。
    しかし、分化してくる違いは自然的なもの。
    →その区別のあらわれがカースト制度  
    インドでは、自由や内面的な共同精神がまだ成立していないので、うみだされる区別は、職業や階層の区別にすぎない。
    →この区別が、市民生活の全体や宗教意識にまで影響を及ぼす。共同体の初期の段階
    ⇔個人の自由な主体性にもとづくものではない。
    カースト制度(p238~)
    カースト階級
    バラモン(神事を行う司祭者、生まれつき神を所有)クシ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国史特論『歴史哲学講義』ヘーゲル著               
    第一部 東洋世界 
    第二編 インド
    ① インド概観(p229~)
    ●ヘーゲルが語るインドについてのイメージ
    ○古い形態をそのまま現在に残している国、あこがれの国、不思議の国、魔法の世界、空想と感情の国
    ○生活の観念化がおこなわれるが、それは想像力にもとづく概念なき観念化
    →生活を出発点としながらも「一切を空想へとかえてしまう」
    が、「とはいえ、(中略)イメージとしての神が存在する」
    ○女性のたとえ=情緒ゆたか、神経質な美しさ(p230)
    ●インド人の世界観(P231~)
    ○インド人の一般的原理である夢見る精神
    夢のなかの個人=精神が自立して他者と対立することがなく、外的な個物とその一般的な本質とが区別されることがない。
    →インド人は有限物にもなるし、無限で無性的な神にもなる。          
              =一般的な汎神論であり、しかも思考にもとづかない想像力にもとづく汎神論
    ① 感覚的なものを、(中略)そのまま拡大して途方もない怪物をつくりあげ、神の像をおろかしいものにしてしまう。=つまり、精神の自由な力に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。