腹部・消化器系の診察技術

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,470
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腹部・消化器系の診察技術
    腹部・消化器系の診察技術の留意点
    膀胱を空にしておく
    診察の順序:視診→聴診→打診・触診
    触診・打診を行うことで腸の蠕動運動が誘発される恐れがあるため、腹部に関しては聴診を触診打診より先に行う。
    腹壁の緊張を取る配慮
    体位;膝を軽く曲げた仰臥位、手は身体の横か胸の上に置いてもらう
    リラックスしてもらうために常に声をかけ、説明を十分に行う
    聴診器と自分の手を温めておく
    爪は短く切っておく
    触診時、痛みのある部位は一番最後に行う
    診察は患者様の右側から行う
    視診
    腹部の外観
     輪郭、左右対称性、表面の拍動や動きを観察する。
    正常所見
    腹部の膨満 
    ガスの貯留、肥満時―臍が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。