保健体育講義Ⅰ

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数305
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活環境の因子である「物理的環境」と「科学的環境」について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生活環境とは、個人にとっての外界現象の総合である。外界現象とは、私たち人間を取り巻くものである。その中には生きていくために必要とされる、空気・食物などにも起因している。人間が生きていくためには、生き物の命を戴いて食としている。魚は水中で育ち、水の中にいる微生物を食としている。野菜は、土と太陽の光と水がなければ育たない。土の中には数え切れないほどの細菌が生存している。このように、人間の生存に生活環境は密接に関係している。即ち、生活環境は人間の日常生活に影響する、自然などの周囲の状況のことである。それを構成される因子別に分けていくと以下のとおりとなる。
    1.物理的環境(空気、光、音、熱など)
    2.化学的環境(ガス、蒸気、粉塵など)
    3.生物的環境(細菌、ウィルスなど)
    4.社会的環境(家庭、学校、会社など)
    5.文化的環境(習慣、慣例、宗教など)
    と分類される。これらを更に環境別で分類すると、自然的環境、人工的(社会的)環境と分類することができる。これらは個人および集団の健康に及ぼす影響を知るために必要なものであり、人間が環境と関係し合うときの接点になるものである。この中でも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。