商業英語1課題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数385
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①仕事や会食の場を通じて人の輪が大きくなり、心が通い交信が続くこと、これは異文化コミュニケーションのあるべき姿である。しかし、その世界を持続させることは容易ではない。固い決意で友人の保守管理を行うことである。やさしさや心配りは国籍を問わず人間としての当然のエチケット・マナーであるが、日本人のやさしさや親切さにはどうも偏りがあるようである。既知の人にはやさしく親切だが、知らない人にはその心が届いていない。見知らぬ人に親切にしていただいても感謝の表現が適切でない。言葉を返し、異文化に合わせてお互いの調和を図るべきである。コミュニケーションは双方向性のものである。人間は多種多様であり、民族特有の考え方も尊重する必要がある。即ち、自分を知り、相手を知ることで、相互理解の促進に繋がるのである。共通点は生かし、相違点には寛容に接して相互のコミュニケーションの確立を心がけたい。コミュニケーションで使われる英語は” speaking ” “ writing ” “ hearing ” “ reading ”の機能を総合的に要求される。聞き上手、話し上手、筆まめ、英語力をつけること、である。手紙には返事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。