中小企業論分冊1 中小企業経営 特徴 中小企業の存在意義

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数3,588
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     中小企業は、経済全体のなかで大きな地位を占め、重要な役割を果たしているが、大企業と対比してみると、一般に次のような経営上の特質を持っている。
    個人的色彩が強い
    中小企業の場合、個人企業、法人企業とを問わず、一般的に個人的色彩が極めて強いため、経営者の個人能力によって経営状態が大きく左右される。
    自己資本比率が低く負債依存度が高い
    一般に資本蓄積力が弱く資本不足の中小企業が多い。しかも負債の中では金融機関からの借入の割合が低く、企業間信用への依存性が高い。
    生産技術・設備の劣位
    中小企業は資本が小さいので大規模な設備をすること、技術の進歩に適応して更新していくことが大企業に比して困難である。 中小企業はこのような不利を生産の機動性と労賃の低廉さをもって補っている場合が多くとかく大企業の生産に押されがちである。
    所得水準や利益率が低い
    一般的に小規模企業は低く、中小企業全体として安定性が低い。個人企業の場合は利潤と賃金が分化していない場合が多く、利益率ではなく自営業主所得をみる必要がある。自営業主の所得は家族協力によるところが多く、労働時間や強度などを考慮すると、概して低いものといえる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。