経済地理 分冊2 ハイテク企業

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数315
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業が外部環境で最も大きな影響を受けるものの一つは産業構造の変化である。産業構造の高度化は、ソフト化及びハイテク化として現れる。この中心的役割を果たすのがハイテク企業である。こうしたハイテク企業の活動を地域的・空間的に捉える方法に、ハイテク企業の立場とその適応、及び立地戦略がある。ハイテク企業の立地条件は、わが国の企業と欧米諸国の企業に共通するものもあれば、異なるものもある。また、ハイテク企業のタイプによっても異なる。そして企業は一度立地した場所で存続し、成功する為に立地適応が重要となる。
    規模の大小に関わらず、ハイテク企業が海外に立地し、その組織や経営を国際化、グローバル化するのにはいくつかの理由がある。端的に言えば時代の潮流であるが、その理由を大別すると、消極的な理由と積極的な理由とがある。消極的な理由は、国内に立地するメリットが少なくなり、海外に目を向け、国内立地上の不利益面を海外立地で補填しようとする場合である。一方、積極的な理由は、ハイテク企業自らの戦略的競争と進化の為である。企業が発展・成長する為には国内企業だけでなく海外の企業を意識し、競争力を高めなければならない。また、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。