F1はドライバーの技量だけでは勝てない

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数324
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポートF1自動車

    代表キーワード

    資料紹介

    ・F1とは
    一般にF1マシンは自家用車の10倍程度の性能を誇るといわれている。一般的な大型車は、時速100kmに達するのに10秒程度かかるが、F1 マシンは2秒程度である。その分ドライバーにGもかかるため、ドライバーはそれに耐えうるための訓練を多くつんでいる。車を運転するのに筋肉はさほどいらないと思われがちだが、筋力トレーニングなどもそのGに耐える体を作るために行うのである。
    F1の最高速度はCART(主にアメリカで行われているカーレース)よりも遅く、空力もGTカーやスポーツカーよりもよくない。それではなぜ世界最高峰のカーレースといわれるのか?それは、世界最高の技術が惜しみなく投入されたマシンだからだ。エンジニアたちは各パーツを手作業でとても高精度に作り、数億円もの開発費をかけて、100分の1秒でも速く走れるマシンを作り上げる。では、なぜ最高速度や空力が劣るのかというと、F1にはレギュレーションと呼ばれる規定があり、色々な制限がかけられているからだ。速く走れば走るほど、危険も増す。そこで、マシンのサイズや使用可能な素材などを細かく決めてあるため、速度に歯止めがかけられている。
    ・F1マシンを操るドライバー
    ドライバーの条件としては、かなりの技術を持っているのはもちろん、マシンを操作するのに適した身体(身長が小さい、体力がある等)を持った人などがある。また、FIA(注1)の発行するスーパーライセンスを取得しなければ、F1で走ることはできない。取得条件は以下である。
    ?F1に参戦するいずれかのチームと1st、2ndもしくはリザーブドライバーとして契約することに合意している。
    ?FIAの発給するグレードA(国際A級)ライセンスを保持している。
    ?以下のいずれかに該当すること。
    1.前年度のF1のシリーズ戦で5戦以上決勝に出走している者。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・F1とは
    一般にF1マシンは自家用車の10倍程度の性能を誇るといわれている。一般的な大型車は、時速100kmに達するのに10秒程度かかるが、F1 マシンは2秒程度である。その分ドライバーにGもかかるため、ドライバーはそれに耐えうるための訓練を多くつんでいる。車を運転するのに筋肉はさほどいらないと思われがちだが、筋力トレーニングなどもそのGに耐える体を作るために行うのである。
    F1の最高速度はCART(主にアメリカで行われているカーレース)よりも遅く、空力もGTカーやスポーツカーよりもよくない。それではなぜ世界最高峰のカーレースといわれるのか?それは、世界最高の技術が惜しみなく投入されたマシンだからだ。エンジニアたちは各パーツを手作業でとても高精度に作り、数億円もの開発費をかけて、100分の1秒でも速く走れるマシンを作り上げる。では、なぜ最高速度や空力が劣るのかというと、F1にはレギュレーションと呼ばれる規定があり、色々な制限がかけられているからだ。速く走れば走るほど、危険も増す。そこで、マシンのサイズや使用可能な素材などを細かく決めてあるため、速度に歯止めがかけられている。
    ・F1マ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。