第1分冊~学習指導の着眼点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数204
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    学校教育の歴史の中で、個々の子どもの存在感を高めることよりも、集団としての規律や統制を重んじ、教育の効率を優先する組織として「学級」という存在があった。さまざまな子どもたちが集まってくる学級では、子ども同士、あるいは子どもと教師の間でさまざまな葛藤や摩擦が生じやすいものである。しかし、これからの学級では一人ひとりの個性や学習能力を高める指導をしていかなくてはならない。
    子どもの学習に対する意欲や興味・関心などは多種多様であり、それによって学力も異なってくる。子ども一人ひとりが授業を理解し、基本的・基礎的な学力を養っていくには、個人個人に合わせた授業や指導を行う必要がある。一人ひとりに合った指導を進めるためには、個人差を正しく把握することが必要である。個人に適した目標をたて,個人に適した学習活動を展開させるよう個人差に応じる用意を持たなければならない。
    そのために、どのようなことに注意して指導すれば良いのかをテキストの事例を元に、より具体的に述べていく。
    個人差に応じる指導
    まず、個人差に応じる指導には大きく分けて三点ある。一つには「学習形態に工夫を加える」こと。つまり,指導形..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。