社会科指導法 夏期スクレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数266
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    世間一般に社会科は、暗記科目でつまらないものという位置づけである。しかし、暗記をするということは本来どの教科にもあるべきことである。社会科だけ突出して暗記科目だからと、疎まれているというのはなんともやりきれないものである。ここでは、社会科の指導計画作成にあたって、大切にされなければいけないこと、子どもたちが意欲的に学習に取り組むようにする指導のポイントを考察していく。
    社会科の特質
    子どもたちにとって、社会科とは習う事象を非常にイメージしにくく、言葉の意味や関係性を無視して文字だけを暗記するということが主になってしまっている。この現象が他教科に比べ多いため暗記科目と疎まれているのである。脳へ記憶定着をするには、ビジュアルでとらえることが大きな有効打である。また、情報の7割を目から得ている人間にとって、興味・関心を示すことができるようになるにはビジュアルが大切である。よって、視聴覚材料として写真、絵画、テレビ、OHP、映画などさまざまな利用方法を正しく使うことが大切であると考える。しかし、これらはある事実をある考えで抽出したものであって、事実の一面に過ぎない。それを忘れると、それを作製し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。