教育の場としての家庭・学校・社会の関係の考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,498
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教育学教育家庭学校社会子ども

    代表キーワード

    教育

    資料紹介

    教育の場としての著者の考察をみていくにあたっては、近代社会から現代社会にかけての家庭・学校・社会の関係を整理してみていくことにする。近代社会から現代社会にかけてのそれぞれの関係はどうであったのか、そしてそれを踏まえて今後どのようにしていくべきなのかということについての著者の考察を解説していく。 
    では、最初に近代社会において、教育の場としての家庭・学校・社会の関係についての著者の考察を解説していく。
    近代は、家庭の教育的役割についての概念が変化しているときであった。養育、訓育、しつけといったものが、家庭教育における重要な役割であるという認識は存在しながらも、学校教育にそれらを求めるようになってきたのである。そのため、学校は、家庭での教育的役割を分担していくことになった。
    続いて、近代社会と学校の関係についてであるが、近代社会は封建的社会より自由度の高い社会秩序で構成されており、その中で学校教育は、1人ひとりの社会の移動や社会上昇の一手段としてみなされる傾向にあった。同時に、学校教育は社会的安定に貢献するとも考えられていた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の原理 第二分冊 <教育の場としての家庭・学校・社会の関係>
     教育の場としての家庭・学校・社会の関係にかんするテキストの著者の考察を、その論点を整理しながら解説しなさい。
     教育の場としての著者の考察をみていくにあたっては、近代社会から現代社会にかけての家庭・学校・社会の関係を整理してみていくことにする。近代社会から現代社会にかけてのそれぞれの関係はどうであったのか、そしてそれを踏まえて今後どのようにしていくべきなのかということについての著者の考察を解説していく。 
     では、最初に近代社会において、教育の場としての家庭・学校・社会の関係についての著者の考察を解説していく。
    近代は、家庭の教育的役割についての概念が変化しているときであった。養育、訓育、しつけといったものが、家庭教育における重要な役割であるという認識は存在しながらも、学校教育にそれらを求めるようになってきたのである。そのため、学校は、家庭での教育的役割を分担していくことになった。
     続いて、近代社会と学校の関係についてであるが、近代社会は封建的社会より自由度の高い社会秩序で構成されており、その中で学校教育は、1人ひと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。