自己分析所見

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,836
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    被験者:○○ ☓☓殿(女性,18歳)
    所属:△□大学生
    検査施行日時:2006年*月*日午前10:30〜12:00(PFスタディ)
           2006年*月*日午前10:30〜12:00(TEG)
    検査の種類:PFスタディ、TEG
    <検査中の様子について>
     心理検査は初めてではないが、検査の空気により少し緊張しているような様子が見受けられた。いずれの検査にも真剣に取り組んでおり、淡々とこなしていた。
     全体に反応性はよく、早く検査は終わった。
    <PFスタディ所見>
    ・GCR%は、53.6%と標準内におさまっている。常識的な適応ができるということであり、普通の社会適応性を持っている。日常生活でごく普通に起こりがちな欲求場面では、必ず世間の常識的な順応の仕方を示せる。
    ・全体としてアグレッションの方向および型のそれぞれの合計値については、標準値から過度の逸脱は見られず、バランスの取れた反応をしめしている。他責逡巡反応(E’)が高めであり、無責逡巡反応(M’)は低めである。他人にも自分にも、アグレッションの矛先を向けるも、自己主張したり、他人や自分自身に責任の矛先を向けたり、問題の解決に向かうことができなく、フラストレーションが溜まっていく傾向にあると推定される。不満場面に遭遇した場合、自己主張したり、他人や自分自身進の責任の矛先を向けたり、あるいは問題の解決に向かうことができない傾向にある推定される。
    ・I−Iが標準よりかなり低い。自責、自己非難の気持ちの強さに関係するもので、自己反省心に乏しいといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自己分析所見
    学籍番号:*****
    氏名:*****
    利用検査:PFスタディ、TEG
    被験者:○○ ☓☓殿(女性,18歳)
    所属:△□大学生
    検査施行日時:2006年*月*日午前10:30~12:00(PFスタディ)
           2006年*月*日午前10:30~12:00(TEG)
    検査の種類:PFスタディ、TEG
    <検査中の様子について>  心理検査は初めてではないが、検査の空気により少し緊張しているような様子が見受けられた。いずれの検査にも真剣に取り組んでおり、淡々とこなしていた。
     全体に反応性はよく、早く検査は終わった。
    <PFスタディ所見>
    GCR%は、53.6%と標準内におさまっている。常識的な適応ができるということであり、普通の社会適応性を持っている。日常生活でごく普通に起こりがちな欲求場面では、必ず世間の常識的な順応の仕方を示せる。
    全体としてアグレッションの方向および型のそれぞれの合計値については、標準値から過度の逸脱は見られず、バランスの取れた反応をしめしている。他責逡巡反応(E’)が高めであり、無責逡巡反応(M’)は低めである。他人にも自分にも、アグレッション..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。