インターネットに未来はあるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数546
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
    現在、インターネットが普及している中、インターネットには様々な問題が立ちはだかっている。そこで、インターネットに未来はあるか、考えていく。


    2.インターネットとは
     インターネット(Internet)とは、世界中のネットワークを結んでいる具体的なインターネットワークのことである。このインターネットは、サブネットワークまたはその集まりから構成されており、それぞれプロバイダ(サーバ)を経由してやりとりをしている。
     また、通信技術により、リアルタイムで大量の情報を交換できるようになった。


    3.インターネットと情報化社会
     インターネットで得られる情報は、嘘と本当の境目がはっきりしない。これは、インターネットでは、相手の顔が分からないうえ、他人の名前や身分を語って詐欺的行為が容易に出来ることなど、嘘がつきやすいことにある。また、その内容が他人には容易に分からないほど、嘘をつく機会が豊富にあるということを意味している。つまり、相手の顔が見えないからこそ、嘘をつきやすく、嘘が嘘だと容易には分からなくなる。そして、情報は本質的で曖昧となり、更に情報が散乱してしまうのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メディア社会論
    『インターネットに未来はあるか』
    目次
    1.はじめに
    2.インターネットとは
    3.インターネットと情報化社会
    4.インターネットの脅威
    5.インターネットとコミュニケーション
    6.まとめ
    1.はじめに
    現在、インターネットが普及している中、インターネットには様々な問題が立ちはだかっている。そこで、インターネットに未来はあるか、考えていく。
    2.インターネットとは
     インターネット(Internet)とは、世界中のネットワークを結んでいる具体的なインターネットワークのことである。このインターネットは、サブネットワークまたはその集まりから構成されており、それぞれプロバイダ(サーバ)を経由してやりとりをしている。
     また、通信技術により、リアルタイムで大量の情報を交換できるようになった。
    3.インターネットと情報化社会
     インターネットで得られる情報は、嘘と本当の境目がはっきりしない。これは、インターネットでは、相手の顔が分からないうえ、他人の名前や身分を語って詐欺的行為が容易に出来ることなど、嘘がつきやすいことにある。また、その内容が他人には容易に分からないほど、嘘をつく機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。