社会保障:医療保険制度の概要につて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数441
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「医療保険制度の概要につて述べよ。」
    わが国の医療保険制度は、国民が安心して医療行為を受け健康を維持していくという多大な恩恵をもたらしてきた画期的なシステムであるといえる。
    では、この医療保険制度の概要について目的や構成などだけではなく、医療供給制度等についても考察していく。
     わが国の医療保険制度は、1961年に制定された日本国民すべてがいずれかの医療保険制度に強制加入するという「国民皆保険」という仕組みを取っており、地域や職場の各保険集団に加入する事が原則となっている。また、各個人の所得に応じて保険料が徴収される。
     医療保険制度とは、疾病という不確定な事故に備えて危険負担を集団で社会的に行う仕組みであり、個人ではその損失を負担できない危険について、集団で平均化しようとする社会的システムである。また、画一的な公平な医療サービスが重視されるということについても、この制度の特徴的部分でもある。
     健康保険法の第1条には「この法律は、労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。