教職:地域看護:母子保健、成人保健、老人保健など地域看護活動について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,017
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「母子保健、成人保健、老人保健など地域看護活動について述べよ。」
     地域看護活動とは、地域の住民のヘルスニーズの診断から対応のプロセスをいう。地域の対象者が、より充実した健康生活を営む上に必要な医療福祉制度策定や、個々の地域住民を支える母子保健法・老人保健法・地域保健法等を基盤にして行う諸活動について、以下で考察する。
    1.母子保健における地域看護活動
     現在日本は、世界に類をみないスピードで少子高齢化が進み、社会、経済、医療、福祉面での緊急対策が迫られている。少子化の一層の進行や女性の社会進出など、子どもを取り巻く環境の変化に対応するため、国では1994年に「今後の子育て支援のための施策の基本的方向について」(エンゼルプラン)を改訂し、少子化対策推進基本方針に基づき、「重点的に推進すべき少子化対策の具体的実施計画について」(新エンゼルプラン)を1997年に発表した。少子化対策推進基本方針には、基本方針策定の目的及び基本的な考え方・基本的な施策・少子化対策の推進体制等が盛り込まれている。
     2000年には、妊産婦死亡や乳幼児の事故死の予防などの残された課題、思春期における健康問題、児童..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。