教職:教育相談:今日多くの学校や研究所では

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数383
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「今日多くの学校や研究所では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所短所を比較しながら述べよ。」
    1.はじめに
    教育相談とは、本来、一人一人の子どもの教育相談上の諸問題について、本人又はその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することを意味する。つまり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助を図ろうとするものである。
     教育相談は昭和20年代にアメリカから紹介されたガイダンス理論がその端緒である。その後もアメリカから様々なカウンセリング理論が入ってきたことにより、教育相談は生徒指導、進路指導から転じて生徒、児童の心理的サポートとして位置づけられるようになってきた。日本で教育相談が導入された背景には、いじめや不登校によるものがある。いじめの原因としては家庭内のストレスや学校の対応不足などが挙げられる。また不登校の原因としては、学校に対する魅力の低下、いじめ、コミュニケーション能力不足などがある。これらの問題に対して、①予防、②治療、③助言を行うものが教育相談で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。