教職:救急看護:小児外傷における救急看護の問題点について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数917
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども問題小児比較看護能力測定特徴呼吸観察

    代表キーワード

    救急看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小児外傷における救急看護の問題点について述べよ。」
    1.はじめに
     小児外傷における救急看護の問題点は、①事故等を起こしやすい、②本人が症状を正確に訴えられない、③症状が急変しやすく経過も早い、等の特徴がある。これは小児の身体的機能が未熟であり精神的にも不安定なことが原因である。看護については小児の特殊性を理解していることが大前提である。また、小児は単に成人を小さくしたものではないということも知っておく必要がある。1歳から15歳までの死亡の原因の第1位は「不慮の事故および外傷」である。以下では、小児外傷に対する一次救急処置、小児蘇生法、外傷の種類について述べる。
    2.症状の観察と一次救急処置
     小児は成人に比べ体力がなく、病気の際に危険な状態に陥りやすい。このため全身状態の正確な観察が必要である。また小児の受診は夜間の急変時を除き、昼間に行うことが望ましい。夜中に子どもを連れ回すのはかえって体に負担を与えるし、夜間勤務者は少ないため対応に時間がかかったり、検査を実施していなかったりする所も多い。翌朝、再受診等の手間を防ぐためにも少しでも明るいうちに受診しておく方が良い。そのためには日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。