教職:解剖生理:体液の恒常化について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数372
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「体液の恒常化について述べよ。」
    私たちが健康に日々を過ごすためには、身体の様々な機能が正常に機能していることが重要である。その機能を作っているものは、すべて細胞からできている。身体を構成する基本的な単位である細胞は、各々の器官ごとにそれぞれの働きをする細胞がある。しかし、その細胞はすべて体液のひとつである「細胞外液」に浸されている。また、細胞内にある「細胞内液」も体液の1つである。このような体液が恒常でないと、細胞は死んでしまう。細胞が死んでしまうということは、人は生きていけないということになってしまう。
    体液の形成
     体液は細胞内液と細胞外液の2つに分かれており、細胞外液はさらに組織液と管内液に分けられる。組織液は血管外にあり、細胞を浸しているものであり、間質液ともいう。また、管内液には血漿、リンパ液、脳脊髄液が含まれている。
     体液は、健康な成人の体重の約60%を占めており、そのうちの40%が細胞内液であり、細胞外液が20%である。また、その20%のうちの15%は組織液であり、管内液が5%である。体液のイオン組成を比べると、細胞外液の主な組成はNa+、Cl-、HCO3-であるが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。