集団援助技術(グループワーク)の原則と過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数741
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)の原則と過程について述べよ。」
     グループワークとは、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。その目的はグループのもつ力を活用し、利用者の心理的・社会的問題解決や社会化を支援したり、家族のストレスの軽減を助けたりして、生活の質の向上を図ることである。
     グループワークの起源は、19世紀後半にイギリスで生まれたYMCA運動やセツルメント活動にある。ウィリアムズによってロンドンに設立されたYMCA運動は、キリスト教信仰に基づき、会員相互の小集団活動を通して、個人の内面的な変容と精神的な成長を目指した。また、セツルメント運動は、バーネットによるロンドンのイーストエンドでの活動を経て、1884年、世界最初のセツルメントハウスであるトインビー・ホールを開設し、ここでの活動を通して展開されていったのである。その後、これらの活動はアメリカに導入され、大きく発展した。1889年、アダムスはシカゴに最初のセツルメントハウスであるハル・ハウスを設立した。1950年代には社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。