個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数559
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。」
    1.はじめに
     社会生活を営む上で、様々に生じる生活上の困難、問題を解決するために、制度や法律によって社会的に援助していくことを社会福祉という。これを土台にし、利用者の問題解決を支援するために、援助者が活用する様々な方法を社会福祉援助技術というのである。また、社会福祉援助技術は“人々と社会福祉制度や法律を結びつける力”ともいうことができる。社会福祉援助技術の体系は個別・集団・地域援助技術などの直接・間接・関連援助技術を包括・統合した実践活動である。以下では、社会福祉援助技術のなかでも、個別援助技術(ケースワ-ク)について考察することとする。
    2.個別援助技術とリッチモンドの理論
     個別援助技術は、利用者と支援者とが面接場面を構成し、利用者の立場から環境を調整するものである。そして、社会福祉諸サービスの提供を通じて、科学的な過程を積み上げながら、抱えている問題の克服や課題の解決を、利用者自身のもつ対処能力を強化し支援することで達成しようとするものである。個別援助技術の特性は、利用者中心的姿勢と支援過程の展開である。
     この個..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。