精神障害者のケアマネジメントについて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数756
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者のケアマネジメントについて述べよ。」
    1.ケアマネジメントについて
    ケアマネジメントは、「個々人のニーズに対応してサービスを仕立てるプロセスである」とイギリスの手引書は説明している。ケアマネジメントとは、ソーシャルワーカーの実践するソーシャルワーク活動であり、ケアマネジメントの最終的な目的は2つある。
    ひとつは、ケアマネジメントは生活に困難さを持っている人々に注意を向けている。利用者の能力を高め、最終的に自立的な生活ができることをめざす。つまり、利用者のセルフケア能力を向上させることが一方の目的である。もうひとつは、ケアマネジメントは地域社会に目を向けている。地域の問題解決能力を向上させること、つまり地域コミュニケーション作りがもう一方の目的である。
     ケアマネジメントが必要な理由は、精神科医療においての、長期化・高齢化の進展と共に痴呆性老人や寝たきり老人、身体的・精神的に虚弱な老人が増えており、長期的なケアの必要なニーズが増大してきたと考えられることと、ノーマライゼーションの思想が普及し、精神障害者の地域生活の支援を重視するようになってきたからである。
     現在においては、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。