医学:精神療法及び環境・社会療法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数866
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ。」
    1.はじめに
    精神疾患の治療には、大きく分類して、身体的療法、精神療法、環境・社会療法の3つに分けることができる。身体的療法は、「薬物療法を中心として行われる治療法」のことをいう。精神療法は、「精神医学的治療の1つで、言語的、非言語的な対人交流を通して精神的な問題を解決し悩みを軽減することを目的とした精神医学的及び心理学的治療法」である。また、環境・社会療法は、「生活の場を治療的なものに変えることで、病的な行動を健康なものに変えていこうとする治療法」である。
    身体的治療は医師のみが行うことができる治療であるが、精神療法、環境・社会療法については、医師の他にも、知識のある人であれば行うことができる治療である。
    2.精神療法
     精神療法は、技法に基づいて洞察的精神療法、指示的精神療法、体験的精神療法に分けられる。以下では、それぞれの療法について説明する。
     洞察的精神療法は、無意識的な葛藤を洞察して精神症状を和らげることを目的としたもので、代表的なものとして精神分析的療法がある。指示的精神療法は、非適応的な行動をコントロールしたり脱条件づけし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。