各論:個別援助技術の展開過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,217
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「個別援助技術(ケースワク)の展開過程について述べよ。」

    ケスワク(個別援助技術)は、心理的社的な生活課題を抱えている個人や家族にして、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケスワクは、クライエントとケスワカとの門的で信的な人間係のうえに成立する。グルプワクやコミュニティワクなどの援助技術との違いは、特に援助者の主が介入しやすいことにより、その援助者の特性によって援助方法が異なること。さらに個別的な援助のためにクライアントという個人を主として考え、その環境に適するために必要な援助を行っていくところに違いがある。
    援助の展開過程は,①受理(インテク)、②調査(ケススタディ)、③社診、④社治療という分で紹介されてきた。また、ほかに機能主義のようなワカとクライエントとの係の活動に重点をおいて、①初期の局面、②中期の局面、③終結の局面という時間的過による分もある。しかし、近年は生活モデルの視点から、個人の問題解決能力と取りく環境を重視した、より大された援助展開がみられるようになってきた。
    利用者へのさまざまな援助は、その場の思いつきで行われるのではなく、利用者の二-ズや利用者にする情報を把握し、時間的な流れや問題解決の況を考慮しながら、科的な方法をもって展開される。この方法や手法を「過程」と呼ぶのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ。」
    1.ケースワークの概要
    ケースワーク(個別援助技術)は、心理的・社会的な生活課題を抱えている個人や家族に対して、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの専門的で信頼的な人間関係のうえに成立する。グループワークやコミュニティワークなどの援助技術との違いは、特に援助者の主観が介入しやすいことにより、その援助者の特性によって援助方法が異なること。さらに個別的な援助のためにクライアントという個人を主として考え、その環境に適応するために必要な援助を行っていくところに違いがある。
    ケースワークをはじめて体系化し、「ケースワークの母」とも呼ばれているM.リッチモンドは、「ソーシャル・ケースワークは、人とその社会環境とのあいだに、個別的に、意識的にもたらされる調整を通じて、パーソナリティの発達をはかる諸過程からなっている」と定義づけている。
    2.個別援助技術の展開過程
    個別援助技術は、その成立以来、専門性を求め、それを利用者と援助者の知識と技法が駆使される援助の展開過程の中に見出そう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。