医学一般:生活習慣病について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数409
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「生活習慣病について述べなさい。」
    平成10年度に、成人病に代わって生活習慣病という言葉が用いられるようになった。成人病は、「年期以後にかかる多くの病」という念のもとに作られた症候群の分類であるが、日本人の生活の遷に伴ってそれらの疾病が低年化してきたために、その言葉の生命に終止符を打たざる終えなくなったのである。そして生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、酒等の生活習慣が、その症進行にする疾候群」と定義されている。これは、その病にかかりやすい質の人に、不適切な食習慣や運動不足、さらにストレスなどが加わって症するものと考えられている。生活習慣病には、高血肥糖尿病高脂血循環器病(動脈硬化症心筋梗塞卒中などを含む)大腸がん肺がん(扁平上皮がん)アルコル性肝炎周病などが含まれる。特に高脂血症、糖尿病、高血の3つの症はサイレントキラ(沈の殺人者)とも呼ばれ、自症がでにくいため放置される場合が多く、動脈硬化や心疾患の原因にもなる。生活習慣病は、それぞれが立した別の病ではなく、「肥満」特に脂肪が蓄積した肥(脂肪型肥という)が原因であることがわかってきた。このように、脂肪型肥に、いくつかの病が重くなった態を『メタボリックシンドロム』という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活習慣病について述べなさい。」
    生活習慣病の概要
    平成10年度に、成人病に代わって生活習慣病という言葉が用いられるようになった。成人病は、「壮年期以後にかかる多くの病気」という概念のもとに作られた症候群の分類であるが、日本人の生活の変遷に伴ってそれらの疾病が低年齢化してきたために、その言葉の生命に終止符を打たざる終えなくなったのである。そして生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾候群」と定義されている。これは、その病気にかかりやすい体質の人に、不適切な食習慣や運動不足、さらにストレスなどが加わって発症するものと考えられている。生活習慣病には、高血圧・肥満・糖尿病・高脂血・循環器病(動脈硬化症・心筋梗塞・脳卒中などを含む)・大腸がん・肺がん(扁平上皮がん)・アルコール性肝炎・歯周病などが含まれる。特に高脂血症、糖尿病、高血圧の3つの症状はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれ、自覚症状がでにくいため放置される場合が多く、動脈硬化や心疾患の原因にもなる。生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、「肥満」特に内臓に脂肪が蓄..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。