ASO価の測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,702
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3回
    ASO価の測定
    実習日 2007/04/26
    目的
    ヒト血清を用いたランツ・ランダル法にて、溶血連鎖球菌感染の指標などになる抗ストレプトリジン-O(ASO)価の測定を行う。
    原理
    SLOは溶血毒であり、これに対してASOはこの毒素の中和(毒素中和反応)を行う抗体で、感染者においては抗体価が高くなる。このためランツ・ランダル法では独自の希釈系列を用いて患者血清を希釈し、SLO溶液を加えた際の溶血反応を見ることでASO価を測定できる。感染者血清の場合はASO価が高く、かなり高い濃度までSLOを添加してもASOが中和反応を起こすため溶血は起きない。しかし非感染者血清の場合はASO価が低いため、SLOを中和しきれずに遠心した後、肉眼的に溶血が観察できる。
    器具
    小試験管 14本
    中試験管 3本
    メスピペット
    試験管立て
    恒温水層・温度計
    遠心器
    方法
    ①10倍、100倍、500倍の患者血清希釈系列を作った。
    ②さらに小試験管にNo.をふり、表1のように希釈血清と等張緩衝食塩水を入れたものを作成した。
    ③各試験管(赤血球対照を除く)にSLO溶液0.25mlを加え、静かに混和した後、37℃..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。