特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数572
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『まず、学校行事の三大特質を挙げなさい。次に、それらの特質をよく表していると思われる行事の活動例を一つ示して、その展開を述べる中で、それぞれの特質を具体的に説明しなさい。』
     学校行事の三大特質は、①学校生活に秩序と変化を与え、児童の生活をより楽しく、明るく、豊かに充実させる教育活動である。②総合的かつ実践的な教育活動である。③学年ないし全校というより大きな場における集団活動であり、それを通して集団行動における望ましい態度の育成が目指される教育活動である。
     これらの特質を生かした学校行事の一つに「収穫祭」がある。学習指導要領には、学校の行事の種類として、(1)儀式的行事、(2)学芸的行事、(3)健康安全・体育的行事、(4)遠足・集団宿泊的行事、(5)勤労生産・奉仕的行事の五つの種類が示されている。したがって、学習指導要領の最低基準性を考えると、この五種類の学校行事は、各学校、各学年において必ず実施されなければならないものである。行事間の関連や統合を図ったり、重点化したりするなど工夫し、教育的価値に富む行事を推進して実施することが大切である。学校教育法が改正され自然体験活動、社会奉仕体験活動をいっそう重視する方向になった。学習指導要領では総則に体験学習の重視が取り入れられた。特別活動は体験重視の教育活動である。このうち「収穫祭」は、(5)勤労生産・奉仕的行事に入る。これは、勤労の尊さや創造することの喜びを体験し、職業や進路にかかわる啓発的な体験が得られるようにするとともに、ボランティア活動など社会奉仕の精神を養う体験が得られるような活動である。
    「収穫祭」は、収穫祭について、その意義や参加の仕方、各学年の学習活動で得た学習のふり返りを学級活動で行う。そして、何を育てるか、準備物は何が必要か、収穫祭の役割分担を決め、準備のための計画を立てる。活動の場所や内容を選択できることで,自分で決めることの大切さや面白さを体験でき,学習意欲に結びつき,活動が生き生きしてくる。またここでは、学校の所在する地域環境の特性を考慮し、特性を生かしたものに留意しなければならない。また、生産活動の効果を上げるためにも、地域との連携が大切であり、地域の人々の理解と協力を深める必要があるだろう。地域との出会いをできるだけ多くし,日常の地域連携や行事へのかかわりも大切にすることも特別活動を通じて行える。その中のねらいとしては,地域の自然や文化の良さがわかり,地域に希望をもち,地域のために貢献できる子ども,地域に誇りをもち,自分自身にも誇りをもって生きていく子どもの育成である。いうまでもなく実社会の中での実体験が主であり何よりも自らの思いを実現していく過程では,活力やともにつくりあげる心,ひいては生きる力が高められる。
     「収穫祭」は種をまいてから毎日水やりをし、草ひきをし、毎日観察することを通して、収穫までの生産学習を楽しいものとする。つまり、学校行事の三大特質の①学校生活に秩序と変化を与え、児童の生活をより楽しく、明るく、豊かに充実させる教育活動であると考える。児童は変化を好むものである。苗の成長の変化を観察することで学校生活にリズムをもたせ、より生き生きとした生活にすることができるだろう。
    また「収穫祭」は、教科、学級活動などの学習を生かして、より大きな実りになるよう期待するものである。学級活動で話し合う時や、種を植え栽培するときにも生かせる活動である。児童の興味・関心、活動への欲求などの面で、自発的、積極的にとりくむことができるものを多く含んでいる。児童一人ひとりに自主的

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『まず、学校行事の三大特質を挙げなさい。次に、それらの特質をよく表していると思われる行事の活動例を一つ示して、その展開を述べる中で、それぞれの特質を具体的に説明しなさい。』
     学校行事の三大特質は、①学校生活に秩序と変化を与え、児童の生活をより楽しく、明るく、豊かに充実させる教育活動である。②総合的かつ実践的な教育活動である。③学年ないし全校というより大きな場における集団活動であり、それを通して集団行動における望ましい態度の育成が目指される教育活動である。
     これらの特質を生かした学校行事の一つに「収穫祭」がある。学習指導要領には、学校の行事の種類として、(1)儀式的行事、(2)学芸的行事、(3)健康安全・体育的行事、(4)遠足・集団宿泊的行事、(5)勤労生産・奉仕的行事の五つの種類が示されている。したがって、学習指導要領の最低基準性を考えると、この五種類の学校行事は、各学校、各学年において必ず実施されなければならないものである。行事間の関連や統合を図ったり、重点化したりするなど工夫し、教育的価値に富む行事を推進して実施することが大切である。学校教育法が改正され自然体験活動、社会奉仕体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。