心身障害児・者の共通する心理的問題は何か述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数543
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害心理問題障害者障害児

    代表キーワード

    心身障害児

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心身障害児・者の共通する心理的問題は何か述べなさい。
    1.心身障害児・者の不安、欲求不満、劣等感  不安、欲求不満、劣等感は、健常者・障害者に関係なく生じるものである。そういった感情を感じないで生活している人がいるのだろうか。しかし、障害者には、我々の計り知れないほどの更なる心理的問題があることを理解することが必要である。
    (1)不安  不安はさまざまな原因によってひきおこされる。一般的な不安の要因は次の通りである。①身体的傷害、②環境の要求、③新しい環境、④比較的長期にわたる適応の失敗のくりかえし、⑤個人の主観的な期待など不安は複雑で原因の特定しにくい漠然としたものがある。
    (2)欲求不満  障害があろうと無かろうと、すべての人々は生きている限り基本的欲求をもっていて、毎日満たそうとしている。その基本的欲求を満たすのに障壁があり、それによってフラストレーションまたは欲求不満に陥ることになる。その障壁には、①環境的障壁、②主体的障壁、③機能障害などがある。
    (3)劣等感  機能障害や障害は行動の不自由さや生活の不便さをひきおこしているが、それらはそれだけでなく、機能障害がもっとひどくな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。