ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,679
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。
    ヴィクトリア時代とは、ヴィクトリア女王が即位した1837年ごろから、南アフリカでボーア戦争が1899年に勃発するころまでの時代を指す。まず、19世紀最初の30年間においてロマンティシズムは明らかなる衰退を見せる。ロマンティシズムを代表する詩人はワーズワスを除いてその殆どが世を去っていた。また、生き残っていたワーズワスの詩人としての力も衰えを隠す事はできなかったのである。このころ、選挙改正案が議会を通過し、中流階級に新しく選挙権が認められた。そしてこの新時代の到来を象徴するかの様に、若く才能のあるヴィクトリア女王が1837年に即位するのである。この様に、19世紀はじめとは新しい時代の幕開けであったのである。そしてこの女王の即位より約60年間、イギリスは安定した秩序を保ちつつ目覚しく発展していくのである。しかし、この急速な発展は内的矛盾をはらんでいた。「飢餓の40年代」という言葉が示すように女王即位直後には食料不足が深刻な様相を呈していたし、これが労働階級の政治的発言力の強化を目的とする人民憲章運動と絡み合った。この運動は直接の成果を民衆にもたらす事は無かったものの、他のヨーロッパ諸国よりも高度に産業が発達したイギリスでは、中流階級に続き、労働階級の政治的権利を拡張していゆく道を辿らざるを得なかった。自由党が1841年以来、保守党の1830年以来の3倍も長く政権を握った事を考えても民主主義が進歩し改革が盛んに行われた事は想像に難くない。また、1851年にはロンドンのハイド・パークで大博覧会が開催された。これはイギリスの経済的繁栄を示し、1854年に参加したクリミア戦争は国家的生命力のはけ口であった。1867年には第二次選挙法改正案が出され、1871年には第一次労働組合法が成立するなど民主主義は発展の一途を辿る。また宗教的には、オックスフォード運動が起こり、生殖の権威や儀式を尊ぶ動きが出てきた。これに対し盛り上がったのがブロード・チャーチ運動であり、これはキリスト教社会主義の形をとった穏健な福音主義を唱えた。そして、ダーウィンがあの有名な「種の機嫌」を59年に公表すると、この適者生存という生物進化の主張はキリスト教信仰に大きな衝撃を与えたのである。こうして富と便工と文化に対する自己満足的な態度を特徴とするヴィクトリアニズムは隆盛を見せたが、1880年以降は急速に衰退していき、1899年に南アフリカでボーア戦争が勃発し、その終了を待たずヴィクトリア女王はこの世を去るのである。
     では、この頃の文学界における動きはどのようであったであろうか。特にイギリス文学の特徴でもある小説に注目して述べて行きたい。
     18世紀のロマンティシズムでは詩が隆盛を極めたが、19世紀に入り、ヴィクトリア時代には小説が活気を呈すようになる。そしてこの時代の文学の中心は詩から小説へと移り変わっていく。当時の小説家は読者と共有できる世界観を重視し、世相、市民の日常生活を如実に著した。この時代には一般人が小説を楽しむ為に必要な条件がしっかりと整っていたので、小説はどんどん普及していったのである。そしてこの時代の小説の隆盛に非常に大きく貢献したのがチャールズ・ディケンズである。
     彼は幼少時代に父親の負債のせいで靴墨工場で短期間ではあるが労働をするというユニークな経験を持っていた。彼自身がこの様に貧しい家の出身だったというのも一つの要因ではあろうが、彼の小説にはスラムに住む労働階級の人たちを暖かい目で描写しているも

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。
    ヴィクトリア時代とは、ヴィクトリア女王が即位した1837年ごろから、南アフリカでボーア戦争が1899年に勃発するころまでの時代を指す。まず、19世紀最初の30年間においてロマンティシズムは明らかなる衰退を見せる。ロマンティシズムを代表する詩人はワーズワスを除いてその殆どが世を去っていた。また、生き残っていたワーズワスの詩人としての力も衰えを隠す事はできなかったのである。このころ、選挙改正案が議会を通過し、中流階級に新しく選挙権が認められた。そしてこの新時代の到来を象徴するかの様に、若く才能のあるヴィクトリア女王が1837年に即位するのである。この様に、19世紀はじめとは新しい時代の幕開けであったのである。そしてこの女王の即位より約60年間、イギリスは安定した秩序を保ちつつ目覚しく発展していくのである。しかし、この急速な発展は内的矛盾をはらんでいた。「飢餓の40年代」という言葉が示すように女王即位直後には食料不足が深刻な様相を呈していたし、これが労働階級の政治的発言力の強化を目的とする人民憲章運動と絡み合った。この..

    コメント7件

    このは 購入
    参考になりました。
    ありがとうございました。
    2007/02/17 14:39 (9年10ヶ月前)

    michi0204 購入
    参考になりました。
    2007/03/24 9:29 (9年8ヶ月前)

    tanntannroro 購入
    この内容でこの価格は大満足です!
    2007/03/29 18:32 (9年8ヶ月前)

    kuzu 購入
    参考になりました
    2007/04/06 8:53 (9年8ヶ月前)

    naoto24 購入
    参考になりました。
    2007/04/10 23:42 (9年8ヶ月前)

    luckyme 購入
    参考になりました。
    2007/05/28 18:34 (9年6ヶ月前)

    692k 購入
    参考になりました。
    2007/06/29 16:14 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。