臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数672
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学心理情報社会発達健康人間問題医学援助

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    今日の社会生活の合理化と複雑化、そして高度に発達した情報社会などからそのままわれわれの生活に跳ね返り、さまざまなストレスを私たちに生み出しており、悩める人間は年齢層を問わず増え続けている

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について。』
     
    今日の社会生活の合理化と複雑化、そして高度に発達した情報社会などからそのままわれわれの生活に跳ね返り、さまざまなストレスを私たちに生み出しており、悩める人間は年齢層を問わず増え続けている。
    臨床心理学とは、個人、または集団に生じた何らかの心の問題や葛藤を持つ人々に対して、広い意味での心の科学に基づく知識や技法を用いて援助する実践であると同時に、その実践のための理論や技法について援助する学である。上記の理由から臨床心理士の社会的役割、責任、また臨床心理学への期待は大きくなっている。
    (1)臨床心理学における人間理解の必要性について。
    臨床心理学において、何故、人間理を理解する必要があるのだろうか。先に、臨床心理学は心の問題や葛藤を持つ人々への援助の実践であると同時に援助の学であると述べた。乳幼児期、児童期、青年期、を通して家庭や学校での不適応、成人の職場不適応、犯罪、神経症や心身症、精神病などから来る不適応と、その範囲は無限といってよいほど広いのである。しかし、心理臨床で対象とすべきものは、こうした病いその..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。