子育てに求められる支援とその背景について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数804
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども情報社会女性保育発達子育て地域

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    子育て支援が一般的になったのは、比較的最近のことである。それは合計と特殊出生率が1.57を切った1990年ごろから始まっている。それ以前は一般家庭の育児は公的な社会支援サービスを受ける対象ではなかった。しかし、核家族化や家族構成の小規模化により、本来家族の中で解決してきた問題が社会的に浮上したのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       『子育てに求められる支援とその背景について。』
     子育て支援が一般的になったのは、比較的最近のことである。それは合計と特殊出生率が1.57を切った1990年ごろから始まっている。それ以前は一般家庭の育児は公的な社会支援サービスを受ける対象ではなかった。しかし、核家族化や家族構成の小規模化により、本来家族の中で解決してきた問題が社会的に浮上したのである。
     では、子育てをめぐる環境の変化から子育て支援が必要とされる背景、また、どのような子育て支援が存在し、更に求められているのか考察していく。
     子育て支援とは、子どもの養育基盤である家族を何らかの形で社会が支援し、家族と協働して子育てを行なうことである。主に、家族の中での「子育て」は母親が中心となって行っているため、母親が子育てをしやすいようにサポートすることであるといえる。
     現在、子育て支援が必要とされている背景について、社会的側面、親の視点、子どもの視点から述べていく。
     (1)産業構造の変化と都市化の進展
     一つ目に、住環境の変化である。マイホーム主義が広がったことで、近隣との結びつきが昔に比べ希薄になり、育児知識や養育態度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。