個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,046
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    専門的援助関係の価値原理の第一は「個別化の原理」である。「人間」は固有名詞を他の人間とは取って代わることの出来ないかけがえのない存在である。よってその人が抱える問題が他人と類似したとしても、その人独自の問題であり、その問題に適した援助方法・技術を個別化して用いることが重要である。バイステックは利用者が個人として取り扱われたいという基本的要求を援助者が満たそうとするケースワークの原則を「個別化の原則」と呼んだ。バイステックの7原則は、①クライアントを個人としてとらえる(個別化)、②クライアントの感情表現を大切にする(意図的な感情表現)、③援助者は自分の感情を自覚して吟味する(統制された情緒関与)、④受け止める(受容)、⑤クライアントを一方的に非難しない(非審判的態度)、⑥クライアントの自己決定を促して尊重する(クライアントの自己決定)、⑦秘密を保持し手信頼感を譲成する(秘密保持)と説いている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       『個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。』
    専門的援助関係の価値原理の第一は「個別化の原理」である。「人間」は固有名詞を他の人間とは取って代わることの出来ないかけがえのない存在である。よってその人が抱える問題が他人と類似したとしても、その人独自の問題であり、その問題に適した援助方法・技術を個別化して用いることが重要である。バイステックは利用者が個人として取り扱われたいという基本的要求を援助者が満たそうとするケースワークの原則を「個別化の原則」と呼んだ。バイステックの7原則は、①クライアントを個人としてとらえる(個別化)、②クライアントの感情表現を大切にする(意図的な感情表現)、③援助者は自分の感情を自覚して吟味する(統制された情緒関与)、④受け止める(受容)、⑤クライアントを一方的に非難しない(非審判的態度)、⑥クライアントの自己決定を促して尊重する(クライアントの自己決定)、⑦秘密を保持し手信頼感を譲成する(秘密保持)と説いている。
    個別援助技術は、利用者と援助者とが面接場面を構成し、利用者の立場から環境を調整し、社会福祉諸サービスの提供を通じ、科学的な家庭..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。