子どもの不適応行動について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数246
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども社会教師学校いじめ問題不登校家庭障害

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    高度経済成長を経て、我が国は急成長し、社会も人々の生活も豊かになり、次々と新たな欲求が生じ、そしてそれを満たすよう進化し続けている。しかし、日常生活において、人々の欲求が何の障害もなく、すべてにおいて充足されることはむしろまれである。現実にはその過程で様々な障害や困難のために、欲求が妨げられることがむしろ多く、子どもから大人まで欲求不満やストレスを感じることが増えているのも事実である。これらの欲求不満(フラストレーション)に対して、人々は自分を環境からの要請に適合するように変えたり、環境を自分に適合するように働きかけたりして適応していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       『子どもの不適応行動について。』
     高度経済成長を経て、我が国は急成長し、社会も人々の生活も豊かになり、次々と新たな欲求が生じ、そしてそれを満たすよう進化し続けている。しかし、日常生活において、人々の欲求が何の障害もなく、すべてにおいて充足されることはむしろまれである。現実にはその過程で様々な障害や困難のために、欲求が妨げられることがむしろ多く、子どもから大人まで欲求不満やストレスを感じることが増えているのも事実である。これらの欲求不満(フラストレーション)に対して、人々は自分を環境からの要請に適合するように変えたり、環境を自分に適合するように働きかけたりして適応していく。
     子どもが育っていく過程においても、親のところに居たいのに幼稚園や小学校に行かされる、もっと遊んでいたいのに勉強させられる、ほかの子と仲良く過ごしていきたいのにいじめられる、先生にもっと教わりたいのに叱られているばかりなど、毎日が欲求不満の連続なのである。このようなことから、欲求不満耐性の能力が身についていないと、周囲の人々や社会と衝突して問題を引き起こすことになる。
     不適応行動は、攻撃性が外に向かい、法律..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。