何故、子どもの活動を総合的活動として5領域から捉えるのか、その意義と問題点について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数803
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育内容総論5領域自主性

    代表キーワード

    保育

    資料紹介

    まず、「活動」とは、一般的には、「主体がいきいきと取り組む行為全般」を意味している。幼児自らの欲求や発想のもと主体的に展開する生活全般にわたる具体的な行動である。いわゆる、何らかの目的を持って行動すること。また自らが行い、自らで考えて行動することである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「何故、子どもの活動を総合的活動として5領域から捉えるのか、その意義と問題点について述べよ。」
    まず、「活動」とは、一般的には、「主体がいきいきと取り組む行為全般」を意味している。幼児自らの欲求や発想のもと主体的に展開する生活全般にわたる具体的な行動である。いわゆる、何らかの目的を持って行動すること。また自らが行い、自らで考えて行動することである。
    子どもの遊びは成長するために必要不可欠なものである。子どもの仕事ともいえる。遊びは自由であり楽しいものである。その中で様々な人との交流、環境に触れ合い、自分自身で工夫して行くものであり、生きる楽しさも学んでいく。そして遊びは遊ぶ事自体が目的であって、人の役に立つ何らかの成果を生み出すことが目的ではない。あくまでも子ども自ら環境とかかわり生み出す自発的な活動としてとらえられている。
    では、活動はどのようにして生まれるのだろうか。「活動」は、あくまでも子どもが主体的に環境とかかわって生み出し、変化していくものといえる。いわゆる、保育における活動を保育者が一方的に与えるのではなく、活動の生まれ方やそれへの取り組み方を考える必要がある。指示されて行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。