体育の授業における「わかる」と「できる」の関係性とこの両者が学べる授業とはどのような授業であるのかを述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数645
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    体育運動中学高校保育

    代表キーワード

    体育

    資料紹介

    体育とは、学校教育における国語、社会、算数、理科などと並ぶ、1つの教科である。
     体育は、明治10年前後から使用され始めた。明治5年の「学制」では、「体術」と呼ばれ、その後は、「体操か」、「対錬科」と変わっていく。体錬科とは、体操と武道を合わせているものであり、身体鍛錬や身体訓練の意味合いが強かったが、戦後になってから「体育科」が登場する。現在では、日本の小学校、中学校、高等学校において、教育課程を編成する1つの教科(中学校、高等学校では保健体育)として位置づけられているのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「体育の授業における「わかる」と「できる」の関係性とこの両者が学べる授業とはどのような授業であるのかを述べなさい。」
     体育とは、学校教育における国語、社会、算数、理科などと並ぶ、1つの教科である。
     体育は、明治10年前後から使用され始めた。明治5年の「学制」では、「体術」と呼ばれ、その後は、「体操か」、「対錬科」と変わっていく。体錬科とは、体操と武道を合わせているものであり、身体鍛錬や身体訓練の意味合いが強かったが、戦後になってから「体育科」が登場する。現在では、日本の小学校、中学校、高等学校において、教育課程を編成する1つの教科(中学校、高等学校では保健体育)として位置づけられているのである。
     体育の定義は、強くたくましい身体を形成する役目である「身体の教育」であるという考えから「身体運動を通しての教育」に移り変わってきたのである。 しかし、この定義も1960年代に入って、「身体活動を通しての教育」をあげたのにもかかわらず、この役割を実際に達成されていないなどと批判されるようになった。そこで現在では、身体活動が本来的にもつ固有の内在的価値の獲得をめざすことを体育科は考えを示し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。