幼児の生き生きとした造形活動を促す導入時の「言葉かけ」、「環境設定」のあり方について述べよ。実際に制作し、させた経験、身の回りで見聞きした子どもの事例をあげながら述べること。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,008
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    図工造形活動環境設定

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    まず、造形遊びとは、ただ単に材料を経験しているのではなく、自分で決めた目標に向かって進んでいくときに起こる様々な「混乱」や「偶然」や「予想できないこと」を、自分の中に取り入れながら対処していく過程の楽しさを経験することである。では、子どもたちがより楽しく、わくわくするような気持ちになって活動が出来るよう、保育者はどのように展開していけばいいのだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『幼児の生き生きとした造形活動を促す導入時の「言葉かけ」、「環境設定」のあり方について述べよ。実際に制作し、させた経験、身の回りで見聞きした子どもの事例をあげながら述べること。』
     まず、造形遊びとは、ただ単に材料を経験しているのではなく、自分で決めた目標に向かって進んでいくときに起こる様々な「混乱」や「偶然」や「予想できないこと」を、自分の中に取り入れながら対処していく過程の楽しさを経験することである。では、子どもたちがより楽しく、わくわくするような気持ちになって活動が出来るよう、保育者はどのように展開していけばいいのだろうか。
    「導入」とは、ある題材のもとに、これからの造形表現活動に入っていこうとする段階で、やろうという心を持たせるいわゆる動機づけともいわれている。
    「導入」の目的は、その時間にどんなことをやるか、何を描いたり作ったりするかといった活動内容が子どもたちに明確なイメージになって把握できるようにすること。そして、どのような手順で描き、あるいは作っていくということを理解するとともに、子どもの心を解放して、やってみたい、こうしたい、描いてみたい、作ってみたいという意欲を起こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。