社会保障論2 医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数500
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     医療保障制度は大別すると、公的の負担で国民に必要な保健と医療をサービスする「保健医療サービス方式」と、保険料負担で加入者に必要な医療を費用負担する「医療保険方式」に分けられる。わが国においては医療保険方式を中心として老人保健や公費負担医療などの保健医療サービス方式の制度も採用している。

     医療保障の目的は、国民が「健康で文化的な最低限度の生活を営む」ために、病気や傷病、出産などの際に必要な医療サービスを受ける機会を平等に保障することである。この疾病という不確実な事故に備えて、個人ではその損失を負担できない危険について集団で平均化しようとする社会的システムが社会保険制度である。わが国においては国民のすべてが地域や職場の各保険団体に強制加入することによっていずれかの医療保険制度に加入するという、国民皆保険制度の仕組みが大きな特徴となっている。民間医療保険が中心のアメリカや公的医療保険に除外制度のあるドイツなどとは異なり、「いつでも、どこでも、誰でも、安心して医療が受けられる」という医療保険制度が実現されている。ただしこの費用保障は個人差による公平性の確保

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「医療保険制度の概要について」
    医療保障制度は大別すると、公的の負担で国民に必要な保健と医療をサービスする「保健医療サービス方式」と、保険料負担で加入者に必要な医療を費用負担する「医療保険方式」に分けられる。わが国においては医療保険方式を中心として老人保健や公費負担医療などの保健医療サービス方式の制度も採用している。
     医療保障の目的は、国民が「健康で文化的な最低限度の生活を営む」ために、病気や傷病、出産などの際に必要な医療サービスを受ける機会を平等に保障することである。この疾病という不確実な事故に備えて、個人ではその損失を負担できない危険について集団で平均化しようとする社会的システムが社会保険制度である。わが国においては国民のすべてが地域や職場の各保険団体に強制加入することによっていずれかの医療保険制度に加入するという、国民皆保険制度の仕組みが大きな特徴となっている。民間医療保険が中心のアメリカや公的医療保険に除外制度のあるドイツなどとは異なり、「いつでも、どこでも、誰でも、安心して医療が受けられる」という医療保険制度が実現されている。ただしこの費用保障は個人差による公平性の確保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。