集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数568
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     集団援助技術とは「グループ」を利用した援助技術であるが、常に「個人」と「グループ」を焦点としている。まずはこの集団が持つ意義について述べていく。

    私たちは生まれてから様々な社会の集団に属し、その集団から影響を受けながら生きている。人間の発達は、その人が生まれた社会の様々な文化や行動様式などに触れることで考え方や道徳観、価値観や信念、生活様式などを内面化し、その社会にふさわしい人間になることといえる。これを「社会化」という。また今までの社会とは異なる社会への適合を求められることがある。家庭から幼稚園へ、幼稚園から小学校へといった変化が例である。このような過程を「再社会化」という。

    人間の一生の過程を区切ったものをライフサイクルといい、各段階は「乳幼児期」「児童期」「青年期」「成人期」「高齢期」などのように表される。それぞれの段階においてかかわる環境は異なったものであり、形成される人間性や役割も変わってくる。

    また人間には多くの「欲求」があり、これを心理学の立場からA.H.マズローはヒューマンニーズの階層として示した。これはある一

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ」
     集団援助技術とは「グループ」を利用した援助技術であるが、常に「個人」と「グループ」を焦点としている。まずはこの集団が持つ意義について述べていく。
    私たちは生まれてから様々な社会の集団に属し、その集団から影響を受けながら生きている。人間の発達は、その人が生まれた社会の様々な文化や行動様式などに触れることで考え方や道徳観、価値観や信念、生活様式などを内面化し、その社会にふさわしい人間になることといえる。これを「社会化」という。また今までの社会とは異なる社会への適合を求められることがある。家庭から幼稚園へ、幼稚園から小学校へといった変化が例である。このような過程を「再社会化」という。
    人間の一生の過程を区切ったものをライフサイクルといい、各段階は「乳幼児期」「児童期」「青年期」「成人期」「高齢期」などのように表される。それぞれの段階においてかかわる環境は異なったものであり、形成される人間性や役割も変わってくる。
    また人間には多くの「欲求」があり、これを心理学の立場からA.H.マズローはヒューマンニーズの階層として示した。これはある一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。