個別援助技術の原則とその進め方について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数390
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     個別援助技術(ソーシャルケースワーク)とは、自らの手で解決することが不可能となった個人または家族に対し、直面する問題状況やその背景にある環境を対象とする援助である。個別援助技術では①利用者の生活問題の固有性を尊重する②利用者の内的能力が発展できる関わりを行う③地域の社会資源を積極的に活用する④利用者を中心とする生活環境に働きかける⑤地域の社会環境にも影響を及ぼすという五項目が意義として挙げられる。

    個別援助技術の原則として、ソーシャルワーカー倫理綱領の価値と原則を挙げることができる。内容はⅠ(人間の尊厳)ソーシャルワーカーは、すべての人間を、出自、人種、性別、年齢、身体的精神上昇、宗教的文化的背景、社会的地位、経済的状況等の違いにかかわらず、かけがえのない存在として尊重する。Ⅱ(社会正義)ソーシャルワーカーは、差別、貧困、抑圧、排除、暴力、環境破壊などの無い、自由、平等、共生に基づく社会正義の実現をめざす。Ⅲ(貢献)ソーシャルワーカーは、人間の尊厳の尊重と社会正義の実現に貢献する。Ⅳ(誠実)ソーシャルワーカーは、本倫理綱領に対して常に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助技術の原則とその進め方について述べよ」
     個別援助技術(ソーシャルケースワーク)とは、自らの手で解決することが不可能となった個人または家族に対し、直面する問題状況やその背景にある環境を対象とする援助である。個別援助技術では①利用者の生活問題の固有性を尊重する②利用者の内的能力が発展できる関わりを行う③地域の社会資源を積極的に活用する④利用者を中心とする生活環境に働きかける⑤地域の社会環境にも影響を及ぼすという五項目が意義として挙げられる。
    個別援助技術の原則として、ソーシャルワーカー倫理綱領の価値と原則を挙げることができる。内容はⅠ(人間の尊厳)ソーシャルワーカーは、すべての人間を、出自、人種、性別、年齢、身体的精神上昇、宗教的文化的背景、社会的地位、経済的状況等の違いにかかわらず、かけがえのない存在として尊重する。Ⅱ(社会正義)ソーシャルワーカーは、差別、貧困、抑圧、排除、暴力、環境破壊などの無い、自由、平等、共生に基づく社会正義の実現をめざす。Ⅲ(貢献)ソーシャルワーカーは、人間の尊厳の尊重と社会正義の実現に貢献する。Ⅳ(誠実)ソーシャルワーカーは、本倫理綱領に対して常に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。