医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数271
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年、わが国の医療保険制度は、高齢化の進行、医療技術の高度化による医療費の増加、低成長経済による保険財政の悪化のもとで、大きな転換期にある。以下に、わが国の医療保険制度について詳しく述べていく。

    医療保障制度は、①公費負担で国民に必要な保険と医療をサービスする「保険医療サービス方式」と、②保険料負担で加入者に必要な医療を費用負担する「医療保険方式」の2類型化することができる。わが国では、後者を中心として行われており、老人保健や公費負担医療といった前者の制度も取り入れている。

    医療保障の目的は、日本国憲法第25条に記された「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」にのっとり、病気、傷病、出産などの際に必要な医療サービスを受ける機会を平等に保障することである。つまり、疾病という予測できない事故に備えて、個人ではその損失を負担できない危険について集団で平均化することなのである。そしてその仕組みは、社会保険を使用して費用保障を行っている。

    わが国では、「いつでも、どこでも、誰でも安心して医療を受けられる」をキャッチフレーズにした、全国民が

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       医療保険制度の概要について
    近年、わが国の医療保険制度は、高齢化の進行、医療技術の高度化による医療費の増加、低成長経済による保険財政の悪化のもとで、大きな転換期にある。以下に、わが国の医療保険制度について詳しく述べていく。
    医療保障制度は、①公費負担で国民に必要な保険と医療をサービスする「保険医療サービス方式」と、②保険料負担で加入者に必要な医療を費用負担する「医療保険方式」の2類型化することができる。わが国では、後者を中心として行われており、老人保健や公費負担医療といった前者の制度も取り入れている。
    医療保障の目的は、日本国憲法第25条に記された「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」にのっとり、病気、傷病、出産などの際に必要な医療サービスを受ける機会を平等に保障することである。つまり、疾病という予測できない事故に備えて、個人ではその損失を負担できない危険について集団で平均化することなのである。そしてその仕組みは、社会保険を使用して費用保障を行っている。
    わが国では、「いつでも、どこでも、誰でも安心して医療を受けられる」をキャッチフレーズにした、全国民が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。