社会福祉援助技術論Ⅱ 集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数731
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     人間は、生まれながらにして「家族」という基本的なグループに所属し、その後も仲間や近隣、学校、サークル、職場などたくさんのグループの一員として生きていく。ライフサイクルの各段階でも、それぞれにグループ活動での重要性があり、その中で社会性や協力性を培ってゆくのである。今回は、「グループ」という特性を生かした、直接援助技術の中の集団援助技術について述べていく。

     集団援助技術は、常に「個人」と「グループ」に焦点を当てる方法であり、社会福祉施設・機関で用いられることが多い。まず個人が「人間らしく」なるための社会化からスタートし、個人的欲求を満たすこと、発達段階におけるグループの意味、そして現代社会に住まう人々にとってのグループの意義へと発展させていく。

    この集団援助技術は、一人ひとりの成長・発達を促し、個人的な欲求を満たすことで人間性を豊かにし、同じグループにも関わらず相手を傷つけたりすることもある。そのような体験を経てから、ばらばらな個人の集まりが、集団化していく「グループの発達」へと向かっていく。グループとは何かをきちんと考えて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。
     人間は、生まれながらにして「家族」という基本的なグループに所属し、その後も仲間や近隣、学校、サークル、職場などたくさんのグループの一員として生きていく。ライフサイクルの各段階でも、それぞれにグループ活動での重要性があり、その中で社会性や協力性を培ってゆくのである。今回は、「グループ」という特性を生かした、直接援助技術の中の集団援助技術について述べていく。
     集団援助技術は、常に「個人」と「グループ」に焦点を当てる方法であり、社会福祉施設・機関で用いられることが多い。まず個人が「人間らしく」なるための社会化からスタートし、個人的欲求を満たすこと、発達段階におけるグループの意味、そして現代社会に住まう人々にとってのグループの意義へと発展させていく。
    この集団援助技術は、一人ひとりの成長・発達を促し、個人的な欲求を満たすことで人間性を豊かにし、同じグループにも関わらず相手を傷つけたりすることもある。そのような体験を経てから、ばらばらな個人の集まりが、集団化していく「グループの発達」へと向かっていく。グループとは何かをきちんと考えて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。