自然を取り入れた保育を展開する上での環境構成及び援助・留意点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数758
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    自然保育乳幼児環境構成

    代表キーワード

    保育自然

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自然を取り入れた保育を展開する上での環境構成及び援助・留意点について」
     幼児期はその特性として、身体的な発達の基礎が出来上がり、運動機能が急激に発達する時期であるといえる。この時期の運動機能や身体的な発達は著しく、これらの成長を望むには幼児期にどのような活動を行っていたのかが重要となる。さらに好奇心・探求心が盛んで、感性の豊かな時期である。わが国では乳幼児期における集団施設保育のあり方の基本を「環境による保育」としており、幼児の諸機能の発達を望む活動には環境設定が重要となる。
     子どもの遊びを援助するにあたり、欠かせない環境の一つが「自然」である。土や木々、草花、空や風、水など様々な自然の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。