音楽の指導に必要な基本事項について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数340
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    音楽指導法

    代表キーワード

    音楽

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「音楽の指導に必要な基本事項について」
     音楽というものは、人生にとって欠かせないものだと思う。教育現場においても、音楽の授業が存在し、私も幼稚園の頃から受けてきた。音楽には不思議な力があり、人を楽しくする力、和ませる力、しんみりさせる力などである。音楽の大切さや楽しさを理解してもらうためにも、子どもの発達に応じて指導していく必要がある。では、各段階の子どもの発達について述べていきたい。
    ①0歳児 子どもは誕生の瞬間から、自分の生活条件と関わりを持ち始める。聴覚機能はすでに備わっており、強い音刺激に対して筋肉を収縮させて反応するのである。1日の大半を眠ってすごす時期の終わりには、音楽は子どもを安静にさせる作用があり、比較的高い音高の音楽に効用がある。その後、音楽を純粋に感覚的に体験するようになり、次第に身体を大まかに動かし始める。しばらくたつと、音楽に対して喃語で自分を表現するようになる。さらに生まれて初めての歌である喃唱をするようになる。
    ②1歳児 1歳の初めごろ、歩くことや話すことができるようになる。歩くことで視野が広がり、様々な経験をするのである。また、表現の要素を帯びた喃語を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。