教育心理学② 子どもの「不適応行動」について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数506
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育

    代表キーワード

    教育心理学保育不適応行動

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       子どもの「不適応行動」について述べよ。
     人間には様々な欲求があり、常に何かしらの欲求を抱いているが、時にはその欲求を我慢しなければならないこともある。乳幼児期には、欲求が満たされないときに反抗や癇癪が見られることがあるが、一般的には成長するにつれてその不満に耐える力がつく。しかし、欲求不満に耐える力が弱かったり、欲求の満足を阻止する力が強大で永続的であると、不適応状態に陥ってしまう。
     この状態になると、周囲の人々や社会と衝突して問題を引き起こすことになり、これを不適応行動と呼ぶ。子どもの不適応行動のうち、不登校、引きこもり、無気力など、自らの内側にこもる状態をまとめて、非社会的行動という。これに対して、いじめ、校内暴力、家庭内暴力などや売春、援助交際、薬物乱用などの、外側へ向けて反抗するものを、反社会的行動という。その他にも、摂食障害や自殺など、深刻な問題の不適応行動も見られる。
     以下に、具体的事例を挙げ、考察する。
     ①不登校
     〈事例〉男児、15歳、中学2年生。約3ヶ月前から登校を嫌うようになる。母親に前夜言われて登校の準備をするが、1人で家を出ることができない。玄関を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。