教育課程の意義と必要性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数3,847
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育課程指導案

    代表キーワード

    指導案教育課程

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       教育課程の意義と必要性について
     教育課程とは、公的な教育機関である学校がその教育目標(学校の教育目標)を達成するために幼児・児童に提供する教育内容と学習経験の学校全体の計画である。
     次に、幼稚園の目的及び目標について述べる。
     幼稚園は、3歳から小学校入学までの幼児を入園させて教育を行う学校である。我が国においては、教育基本法によって示されている目的に基づいて幼稚園、小学校、中学校などの学校段階に分かれて教育が行われている。
    それぞれの段階の学校においては、学校教育法を踏まえ、それぞれの学校の特性に応じた目的や目標をもってそれを実現しようとするものである。幼稚園についても、学校教育法第22条及び第23条によって幼稚園教育の目的及び目標が示されているところであるが、学校教育法第25条及び学校教育法施行規則第38条に基づき、幼稚園教育要領により、これを更に具体化して、幼稚園の教育課程の基準を示すものである。
     それぞれの幼稚園においては、この幼稚園教育要領に述べられていることを基として、幼児期にふさわしい教育の展開を目指す幼稚園教育の在り方を理解し、幼児の心身の発達や幼稚園、地域..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。