社会環境と発達病理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数431
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       社会環境と発達病理について
    現在、社会環境が原因とされる発達病理が話題を呼んでいる。「発達病理」とは、ある年齢段階にいる者に対して社会が要求する行動が非常識であり、その行動特性が社会現象となることである。
    発達病理の内容は、時代背景・文化・個人によって変化する。それは、発達が学習内容や方法によって大きく左右されるため、社会や文化・制度との関連があるのである。つまり、発達病理の背景には何らかの社会病理が存在するということである。
    そして、ここでの「社会が要求する行動」の基準としては、多様な価値観が理解できる成熟した発達心理学者の目から見た望ましい行動とする。このように、発達病理は時代性との関連であいまいさを伴うため、厳密な定義は困難だとされている。
    発達病理の代表的な例として、「指示待ち症候群」というものがある。これは、自ら状況に気がついて行動することは苦手だが、親や教師から指示が出されると指示されたことについてのみ行動できる特性である。
    これは、児童期の子どものみの傾向ではなく、20歳前後の世代にも数多く見られる。原因としては、生活経験・学習経験の不足・マイナスになる学習をされた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。