心理臨床実践における面接記録の書き方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,870
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基礎心理学
    心理臨床実践における面接記録の書き方
    記録を書くという行為の意味
    忘れないためのメモとしての役割
    やりとりの印象をより鮮明に記録に留める役割
    面接で生じた現象を相対化させ、客観的な視点から捉えなおす役割
    観察を補強する役割
    面接でのセラピストとの感情を引き出しいしまう役割
    クライエントに安心を与える役割
    記録を書く際の留意点
    ただし、逐語録にこだわりすぎるとクライエントに注意が向かなくなることがある。
    初回面接と継続面接での記録のとり方の違いをしっかりと認識する。
    目の前で記録されることに抵抗を示すクライエントの場合は、後で面接場面を思い起こして記録する。(目の前での記録は一切し..

    コメント1件

    kenjiro55 購入
    ノートの丸写しのような箇条書きにがっかりしてしまいました。
    2007/03/21 12:44 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。